プロフィール

神成修太郎プロの一番の強み

社員が育つ仕組みづくりで企業の成長・発展をサポート

中小零細企業の「外部の人事部長」的な役割を担い、社員が情熱を持って働き、経営者が本業に集中できる環境づくりを行います。

1975年1月 青森県五所川原市に生まれる。
五所川原高校、拓殖大学政経学部経済学科卒業。
新車販売の営業職、能力開発プログラムインストラクターなどを経て帰郷。
2003年、社会保険労務士資格を取得。
2004年9月、社会保険労務士として独立開業。
2008年、総務省の年金記録確認第三者委員会の専門調査員を拝命。地元銀行で年金相談も行い、年金のスペシャリストとして重宝される。
2009年、社労士・行政書士の合同事務所「五所川原サポートオフィス」を設立。
2014年、「五所川原サポートオフィス」代表社員に就任。

  • <お客様の区域>
  • 2004年の開業以来、青森県の津軽地域を中心に、青森県内、秋田県、宮城県、東京都などの100社を超えるお客様とお取引をさせていただいております。
  • 現在は、原則としまして、新規のお客様は青森県内とさせていただいております。
  • (ご紹介は除きます。)
  •  
  • ■社会保険労務士業務
  • ・ 社会保険・労働保険手続きだけでなく、給与計算業務を受託することで、社員の労働時間・日数等が掌握でき、それを基に改善提案や前衛的なアドバイスを行うことで、それまで見えなかった社員間の不平不満の解消に貢献。
  • ・ 残業とカウントされるもの・されないものの区分の明確化と、それを管理する仕組みを提供することにより、残業に関するトラブルの解消に貢献。
  • ・ 社員の雇用契約書を整備し、個々の労働時間・休憩・休日を明解にすることで、「言った言わない」の不平不満・トラブルを著しく減少させる。
  • ・ 有給休暇の取得をめぐる労使間の意見の相違をヒアリングし、「お互いに気持ちよく過ごす」という目的の下、労使間共に納得感を得られる社内ルールを構築し、風通しの良い社風づくりに貢献。
  • ・ 社会保険未加入の会社において、社会保険加入のシミュレーションや社員に対する社会保険制度勉強会を開催することで、社会保険の加入を促進し、それによる社員のモチベーションの向上、対外的な信頼度の向上、仕事の受注量の向上の実現に貢献。
  • ・ 年金受給者が継続的に働く際、年金額と給与額との調整についてシミュレーションを行い、最適な条件(給与額や労働時間)をご提案することで、高齢労働者の有効活用に貢献。
  • ・ 会社目線と同時に社員目線に立った就業規則の作成と、その周知徹底の促進により、顧問企業が労働基準監督署から労務管理のお墨付きをもらう。
  • ・ 労使間の意見の食い違いが生じた際に、冷静に客観的にヒアリングを行い、課題を明確にするサポートを行うことで、心身のストレスの軽減と、前向きな問題解決に貢献。
  •  
  • ■人財経営コンサルティング業務
  • ~小売業~
  • 契約当時は、実績重視の会社。一方で社員の出入りが激しい状況にあった。社員が辞めては欠員補充を繰り返していく中、ある新規出店の店舗において、社員全員が同日に辞めるという事態が発生。この痛恨のトラブルから得た教訓を社長にヒアリングすると、「社員を大切にする」という理念が明確になる。そしてこの思いを社員面談を通して伝え続けることで、それまでバラバラだった社員が同じ方向を向くようになる。結果として、社員が自立型人財に成長していき、若いリーダーが引っ張る組織ができあがり、ある店舗では全国FC110店舗中1位の予算達成率を達成。同一業界からも注目を浴びる会社に成長する。
  •  
  • ~製造業~
  • 役員同士が犬猿の仲で、それが社員にも伝播し、人間関係が最悪であったある会社。そこで役員に「会社は誰のものか?」という根本的な質問を投げかけ、「会社を良くしたい」という役員同士の意思統一を図り、社員面談を繰り返し実施。
  • 最初は本音で語ることを拒絶していた社員たちだが、次第に不平不満を語り始める。会社側はそれを改善点として受け止め、一つひとつ改善の取り組みを行っていったところ、社員のリーダーが会社の取り組みを理解し、他の社員へ伝播し始める。
  • 前向きで意欲的な社員が現れ始め、離職率が激減し、採用の質も向上。社員数は幾分少なくなったものの、完全に会社の体質改善がはかられ、リーダーが社員をまとめて引っ張っていく組織に変貌し、役員もひと安心。
  •  
  • ~鉄工業~
  • 鉄工業界においては有数の業績を出している会社。ある日、社長が「右腕」と目していた人材が、突如として退職の意向を伝えてきた。社長はその出来事にただならぬショックを受けるが、これを機に「こういう出来事をこれ以上引き起こしたくない」として、コンサルティングの依頼を受ける。
  • 現場はほぼ職人で、社長も超多忙。当時は人事の管理はほとんどできていない状態。そこで、まずは社長のビジョンをヒアリング。その中で出た「社員に会社を好きになってもらいたい」という社長の思いを社員面談で伝え、同時に社員の不満をヒアリング。すると、社員の意識に変革が起き始め、職人上がりの役員が誕生。同時に、解決すべき課題もどんどん表面化し、ひとつひとつ改善を実践。組織図も整い、社長が社員の力を借りられる体制が出来上がる。
  •  
  • <お客様の業種>
  • 老人介護業務、建設業、小売販売業、資材販売業、製造業、林業、電気工事業、清掃業、廃棄物収集・処理業務、食品加工業、病院(眼科、歯科)、塗装業、金属加工業、調剤薬局、経営コンサルティング業、住宅リフォーム業、鉄工業、エステサロン業、管工事業、就労支援事業、建築業、クリーニング業務、測量業務、学習塾、コーチング業、農業、事務機販売業、飲食業、職業紹介事業、学校、こども園、その他
  •  
  • <資格>
  • 社会保険労務士
  • 日商簿記2級
  • 2級FP技能士
氏名 神成修太郎(かんなりしゅうたろう)
事務所名 五所川原サポートオフィス
事業内容 ■ 社会保険労務士業務
■ 人財経営コンサルティング業
専門分野 ■ 社会保険労務士業
労働保険・社会保険関係の手続き代行
就業規則・賃金規程の作成・導入
助成金の活用提案及び申請
公的年金制度の相談・請求給与計算
労務管理に関する相談
人使い(労働法)に関する相談

■ 人財経営コンサルティング業
経営理念の明確化
より良い人間関係の構築
人財採用の仕組みづくり
人財育成研修・セミナーの実施
社員が育つ人事考課制度
特徴 『経営者、社員の気持ちがわかる社労士』として、社員が育つ仕組みづくりのサポートを行っている。
職種 社会保険労務士、人財経営コンサルタント
住所 〒037-0036
青森県五所川原市中央4-82
電話 0173-26-6681
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日
ホームページ https://sr-kannari.com/
所属団体・役職 NPO法人loveaomori project 理事
NPO法人 RYOMA塾 監事
五所川原市倫理法人会 幹事
青森県倫理法人会 県内レクチャラー
津軽すこっぷ三味線世界大会 実行委員長
JPSA青森支部 事務局
 
このプロの紹介記事
「五所川原サポートオフィス」神成 修太郎さん

企業の“財”(たから)である“人財”を生かすための仕組みを構築し職場環境づくりをサポート!(1/3)

 「職場の環境を改善したいが、日々の仕事に追われて労務管理にまで手が回らない。そもそも何から着手すべきか、誰に相談すればいいのかもわからない」。「経営者としてこんなに頑張ってるのに…社員が定着しないのはなぜだろう?」。“働き方”に対する概念...

神成修太郎プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

社員が育つ仕組みづくりで企業の成長・発展をサポート

事務所名 : 五所川原サポートオフィス
住所 : 青森県五所川原市中央4-82 [地図]
TEL : 0173-26-6681

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0173-26-6681

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神成修太郎(かんなりしゅうたろう)

五所川原サポートオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ