鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

セミナー・イベント情報

平成29年度「特許出願チャレンジ講座」(受講生募集中)

  • [ まなぶ ]
開催日 ~2017-12-04
概要

イメージ

 平成28年度の特許出願チェレンジ講座は、7月~12月に6日間開催します。この講座の講師はすべて鈴木壯兵衞です。この特許出願チャレンジ講座は、青森県が一般社団法人青森県発明協会に委託する態様で、開催します。
 
 
 過去の受講者の中には『今まで20数回知財関係のセミナーに参加したが、こんなにすばらしい講義は初めてです』と評価して下さった方もおられました。又、以下のようにブログで感想を述べられている元受講生もおられます:

            http://akura4748.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

 1885年(明治18年)に長岡藩の屋井先蔵(やいさきぞう)が液体をペースト状にして液漏れを防いだ「乾電池」の発明に世界で最初に成功しました。この乾電池は数年の改良の後に実用化されました。しかし、屋井先蔵は、貧乏のため乾電池の特許出願をすることができませんでした。
 
 実は、1886年になってドイツのカール・ガスナー(Carl Gassner)がドイツ、オーストリア、ハンガリー、ベルギー、フランス、英国で特許を取得していますので、ガスナーが乾電池の発明者とされています(例えばドイツ特許第37758号)。その後ガスナーは米国等でも特許を取得しています(米国特許第373064号)。
 
 しかし、特許出願を安価にする方法があります。特許出願は形式(様式)さえ整えば、実は、素人でも特許庁に出願するのは比較的簡単に可能ですので、専門家に依頼せず、ご自分で出願すれば特許出願の費用は安くできます。
 
 このような事情から、青森県内には、ご自分で出願されている方が多数います。しかし、特許は、単に出願すれば良いのでなく、特許庁での審査をパスしたもののみが、特許査定され登録されます。
 
 残念ながら、青森県からの特許出願は特許査定され登録された件数の特許出願に対する割合で示される登録率が全国のデータよりも低いのが現在の実情です。私のところにも、自分で出願したけど、特許庁から拒絶理由が来たがどうしたら良いでしょうか、という相談に来られる方もかなりいます。
 
 屋井先蔵の例に限らず、中小企業においては、知的財産を活用した高付加価値化による競争力強化の重要性が高くなってきています。既に、平成24年度~28年度に開催しまして非常に好評を得ておりますが、平成29年度も、引き続き、安い経費で特許出願するスキルの養成を図るため、県内の中小企業や各種団体の職員等を対象に、特許出願チャレンジ講座を開催します。


 第6回~第8回には実際に特許請求の範囲を書いてみる演習により、特許出願作成を体験していただくカリキュラムを予定しております。又、第4回、第6回の終了時には、次の開催日の前までに、レポートを提出する実践的な形式で進められます。レポートは弁理士の鈴木壯兵衞が添削して、返却します。
 
 特許庁での審査をパスするためには、どのような戦略に沿って、明細書等を作成すべきかを指導します。又、特許の明細書作成がどのような考え方で実施されるのかを理解することにより、明細書作成の実践できる人材や、更には、明細書作成の指導者を育成することを目的としております。
 

 第12回終了時には、実際に、特許庁に提出可能なレベルの特許明細書が完成する予定です。講師の鈴木壯兵衞が、東京の特許事務所で若手の弁理士を指導してきた経験を活かして、より実践的に指導するので、弁理士が持つ特許出願書類作成ノウハウを本格的に学ぶことができます。

 過去の受講者の中には、受講経験を活かして周りの方に指導をされている方もいます。毎回、かなりのボリュームのある資料(テキスト)が配布されますが、参加費用は無料です。又、開催場所は以下のとおりです:

     弘前会場: コミュニケーションプラザ「2階地域交流室」

     八戸会場; ユートリー「第1日目4F情報室;第2日目以降4fデザイン室」
 

 尚、特許出願チャレンジ講座の開催期間においては、特許出願チャレンジ講座の内容に関係するか否かを問わず、会場内、会場外を問わず、個別の特許案件について弁理士鈴木壯兵衞の無料相談を受けることも可能です。無料相談は、特許出願チャレンジ講座の開催期間であれば、開催日以外でも、私の事務所にご訪問いただくか、私が職場に赴く形で、個別にご対応可能です。

 又、特許出願チャレンジ講座の開催期間に相談を受けた案件は、特許出願チャレンジ講座の開催期間終了後も、無料で引き続き相談可能です。過去の受講者の中には、特許出願チャレンジ講座の終了後、ご相談に来て特許出願された方もいます。

 なお、より深く勉強したい方は、以下の2冊の参考書をご覧下さい。これら2冊の参考書は、本講座用に、初心者を対象として、特別に用意したもので、参加者に無料配布する予定です:

 (a) 鈴木壯兵衞著、「日米欧中韓国共通出願様式時代 特許明細書等の書き方」
           発明推進協会、2012年12月
https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/guide/meisaisyo_sample.pdf

 (b)鈴木壯兵衞著、「日米欧三極共通出願時代の特許クレームドラフティング」 
           森北出版、2011年03月
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E6%AC%A7%E4%B8%89%E6%A5%B5%E5%85%B1%E9%80%9A%E5%87%BA%E9%A1%98%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE-%E7%89%B9%E8%A8%B1%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%A3%AF%E5%85%B5%E8%A1%9E/dp/4627900112


申込先・お問い合わせ
一般社団法人青森県発明協会(青森県知的財産支援センター内)
TEL:017-762-7351
FAX:017-762-7352
e-mail:aomoipc1@jomon.ne.jp

鈴木壯兵衞(青森の新産業創出を支援し知的財産を守るプロ)

そうべえ国際特許事務所

  • 電話:0172-55-5397 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:年中無休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
イメージ

2017年8月3日に中国青島国際博覧センターで開催される2017中日エンジニア技術大会で青島国際専利運営連盟専利技術主席顧問の鈴木壯兵衞所長が「山東省のグローバルイ...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

 
このプロの紹介記事
鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

研究者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第40回 PBP型の請求項しか書けないのであれば、ノウハウとして秘匿すべき
イメージ

「物の発明」をその製造方法で記述してその「物」を特定することは可能であろうか。特許は、特許請求の範囲に...

[ 知財マネジメント ]

第39回 ノウハウ文書を記載するための仕事言葉

 このコラムの第38回で「ノウハウ文書」にタイムスタンプを押すサービスを紹介した。ノウハウ文書という私書証書...

[ 知財マネジメント ]

第38回 特許庁とINPITが「タイムスタンプ」を保管するサービスを開始
イメージ

2017年3月27日から、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)が、知的財産に関連する電子文書に対して時刻証明...

[ 知財マネジメント ]

第37回 日本では他人の著名な商標を先取り出願しても登録されないが、……
イメージ

U氏が商標の先取り出願をしたことにより、ピコ太郎は「PPAP」が使えなくなるのかということが話題になっているが、...

[ 商標出願の仕方 ]

第36回 卓球もイノベーションで進歩しています
イメージ

ピンポン(PING-PONG)は、1900年に英国で商標登録されていた(英国商標登録第233.177号)。ピンポン(卓球)の進...

[ 発明の仕方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ