鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

セミナー・イベント情報

次世代イノベーション人材育成セミナー 特別講演会 [定員100名 無料]

  • [ 法律 ]
開催日
概要

イメージ

1.目的
2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生の偉大な点は研究を経営したことである。エバーメクチンの化学構造の一部を改変した誘導体である22,23-ジヒドロエバーメクチンを、メルク社が家畜の寄生虫駆逐剤「イベルメクチン」として発売した結果、北里研究所には1990年ごろからメルク社から毎年15億円前後のロイヤリティ収入が入るようになったようである。

大村先生は、「お金がなくて研究できないというのは言い訳だ」と言われている。大村先生が1973年にメルク社と契約した産学連携の手法は画期的な試みであり、メルク社は年間8万ドルを向こう3年間大村先生に支払うというものであったそうである。

しかし、更にその約10年前の1961年に財団法人半導体研究振興会が設立されている。この財団法人半導体研究振興会は、西沢潤一元東北大學総長の特許によるライセンス収入等を研究員や事務職員の人件費をも含めたすべての研究費の財源とする非営利の財団法人であった。

1961年の設立当時はまだ「産学連携」の用語は用いられていなかったが、この財団法人は、大学の研究と産業界との橋渡しを目的とする産学連携の拠点であった。

企業や研究機関は、自らの得意分野、強い研究分野・技術開発分野を再認識する必要に迫られている。研究及び研究成果が収益を生む知的資産を中心とした研究を経営をするにはどうしたよいかという重要な課題を、北里研究所や財団法人半導体研究振興会の例を参照しながら勉強する。

https://www.proteoglycan-japan.net/project/topic/1501/

2.対象
企業、研究機関、大学、自治体、団体、学生など(参加無料 100名程度)

3.内容
『収益につながる研究・技術開発マネジメント-研究・技術開発の方向性はいかにすべきか』
講師:そうべえ国際特許事務所 所長弁理士 工学博士(IEEEライフメンバー) 鈴木壮兵衛
http://www.soh-vehe.jp


4.日時
平成27年10月21日(水) 13:30~15:30

5.場所
青森市新町1-11-22 アラスカ(ホテルアスベスト青森) 4Fダイヤモンド
TEL017-723-2233

6.主催等
主催:21あおもり産業総合支援センター・青森県産業技術センター・ 青森県
共催:弘前大学

【 お問い合わせ先 】
■ 地方独立行政法人青森県産業技術センター
  本部事務局企画経営室(担当:種市様)
  TEL:0172-52-4319 / FAX:0172-52-4399

■ 公益財団法人21あおもり産業総合支援センター
  プロテオグリカン産業クラスター戦略チーム(担当:串原・小田切様)
  TEL:017-723-1040(直)、017-777-4066(代) / FAX:017-721-2514

鈴木壯兵衞(青森の新産業創出を支援し知的財産を守るプロ)

そうべえ国際特許事務所

  • 電話:0172-55-5397 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:年中無休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
イメージ

2017年8月3日に中国青島国際博覧センターで開催される2017中日エンジニア技術大会で青島国際専利運営連盟専利技術主席顧問の鈴木壯兵衞所長が「山東省のグローバルイ...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

 
このプロの紹介記事
鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

研究者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第39回 ノウハウ文書を記載するための仕事言葉

 このコラムの第38回で「ノウハウ文書」にタイムスタンプを押すサービスを紹介した。ノウハウ文書という私書証書...

[ 知財マネジメント ]

第38回 特許庁とINPITが「タイムスタンプ」を保管するサービスを開始
イメージ

2017年3月27日から、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)が、知的財産に関連する電子文書に対して時刻証明...

[ 知財マネジメント ]

第37回 日本では他人の著名な商標を先取り出願しても登録されないが、……
イメージ

U氏が商標の先取り出願をしたことにより、ピコ太郎は「PPAP」が使えなくなるのかということが話題になっているが、...

[ 商標出願の仕方 ]

第36回 卓球もイノベーションで進歩しています
イメージ

ピンポン(PING-PONG)は、1900年に英国で商標登録されていた(英国商標登録第233.177号)。ピンポン(卓球)の進...

[ 発明の仕方 ]

第35回 西暦1624年は近代の最重要の日付けの一つ
イメージ

  米国の大統領選でドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は「メキシコ国境に壁を建設する」と宣言し、内に籠も...

[ 特許制度の意味 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ