鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

コラム一覧 :青森県の特許

1件~3件(3件)

第25回 東日本大震災が青森県の特許出願に与えた影響

イメージ

 §1 八戸市と弘前市では被害の程度が異なる:  2011年の3月11日にマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生した。宮城県では震度7という最大震度が栗原市で記録されている。東北地方太平洋沖地震による青森県内の震度は、八戸市、東北町、おいらせ町、東通村、五戸町、階上町で震度5... 続きを読む

青森県の特許

2016-03-05

第21回 明治時代初期における東北6県からの特許出願

イメージ

 我が国の特許制度ができた最初の6年の間に、東北6県のうち、累計で最も特許出願をしたのは福島県である。 §1 東北6県の県民による明治初期の登録特許50件を調べてみると  このコラムの第20回(明治時代における青森県からの特許出願)と同様に、独立行政法人「工業所有権情報・研修館... 続きを読む

青森県の特許

2015-12-29

第20回 明治時代における青森県からの特許出願

イメージ

特許のデータから明治時代に於ける旧斗南藩の疲弊と旧弘前藩の活況が読める §1 明治4年に県庁が弘前から青森に移された  現在の青森県に対応する領域には、江戸時代に旧津軽氏領の弘前藩、黒石藩と、旧南部氏領の盛岡藩、八戸藩があった。明治4年7月の廃藩置県では、旧弘前藩、旧黒石藩... 続きを読む

青森県の特許

2015-12-03

1件~3件(3件)

RSS
お知らせ
名誉教授証書

2017年9月付けで所長鈴木壯兵衞に中華人民共和国・青島大学知的財産権学院(以下「知的財産権学部」という。)の名誉教授証書が授与されました。青島大学は、2017年の中...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

 
このプロの紹介記事
鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

研究者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第45回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(米国編)
イメージ

 5月5日は子供の日である。 第41回~第44回では日本の小学生の特許を紹介したが、今回は米国の小学生の特...

[ 発明の仕方 ]

第44回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その4)
イメージ

 NHKが2016年11月14日にTV放送した「プロフェッショナル仕事の流儀」の中で「ゆるまないネジ(国際公開第2009/104...

[ 発明の仕方 ]

第43回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その3)
イメージ

 小学校の先生や、市町村等の教育委員会レベルにおいて、実用新案と特許の違いが理解されていない事例が多いこと...

[ 発明の仕方 ]

第42回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その2)
イメージ

 「デザイン」の語源をラテン語から読み解くと「de+signare」になり、「……から印を付ける」という意味になるらし...

[ 発明の仕方 ]

第41回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その1)
イメージ

 何が特許になるかというと「不常識(=新しい常識)な発明」が特許になるということになろう。我が師西澤潤一東...

[ 発明の仕方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ