鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-05-02  最終更新日: 2016-05-05

第29回 青森県の特許の登録率が全国平均よりも低いのは何故か?

青森県の特許出願件数が少ないのは問題であるが、それだけではなく特許出願の質の向上にも考慮が必要である。

§1特許は、単に出願すれば良いのではない

 特許は形式(様式)さえ整えば、素人でも特許庁に出願するのは比較的簡単に可能である。しかし、図1に示すように、特許は出願された特許出願がすべて登録されるのではなく、特許出願された全出願件数の内で、実際に審査官の審査をパスして特許査定されて登録に至るのはその一部である。
 
 特許庁の審査を経て審査に合格した特許出願のみが登録されるのである。よって、特許は単に出願すれば良いのではない。
 
 図1は、特許庁が毎年発表しているデータを基礎として筆者が棒グラフに整理したものである。横軸に示した1999年~2015年までの各年に対し、縦軸に特許の出願件数と登録件数を示している。縦軸には、特許の出願件数が赤色の棒でプロットされ、特許の登録件数が緑色の棒にプロットされている。
 
 【図1】

 図1からわかるように、2000年~2005年では、特許出願された全出願件数の内で、実際に審査官の審査をパスして特許査定され登録された割合を示す「登録率」は28~29%であった。その後、登録率は次第に向上し、2013年の統計では登録率は84%のピーク値まで上昇し、その後再び減少している。 

 このような登録率の変動は、特許法の改正により2001年10月1日以降の出願から審査請求の期間がそれまでの7年から3年に変更された事情を考慮する必要がある。

§2 特許出願後特許査定されるには7年ぐらいかかる


 以下に示すように10年前に比して、現在の特許庁の審査の処理は速くなっているが、それでも約80%が特許査定されるには7年ぐらいかかっているので登録率のデータを読むのには注意が必要である。図2の横軸は出願後の特許庁の審査に要している年数で、縦軸は特許査定された特許出願の内の、横軸で示された年数で特許査定された分の割合を示している。10年過ぎても特許査定されない特許出願が存在するということである。 
 
 【図2】

 特許査定された審査請求の期間が3年になった分とそれまでの7年の分が特許庁の審査で重畳されるため、2006年以降の登録件数の見かけ上の増大は、登録される母数となる審査件数が増大しているという事情を考慮しないと誤った解釈になってしまう。
 
 図1のデータは、特許出願件数が審査請求の制限期間が7年と3年の特許出願の件数が重複している効果に増減している。2013年に登録率がピークに達した後の2014年以降の減少は、審査請求の制限期間が7年の特許出願に対する審査の件数が減少したことと読むべきであろう。
 
 特許庁で審査されている件数が審査請求の制限期間が7年と3年の特許出願が重複された状態が緩和され、審査対象となっている母数が減少したため、2014年以降は見かけ上の登録件数も減少してきている。
 
 つまり、2013年の見かけ上の登録率が84%になっているが、これは2013年に出願した特許出願のすべてが2013年に登録されたと読むべきではなく、それよりも5年~10年くらい前の特許出願が2013年に遅れて登録されているということである。

 以上のように考えれば、2014年の見かけ上の登録率が70%、2015年の見かけ上の登録率が59%と低下してきている理由も理解できるであろう。

§3 青森県の登録率が全国の登録率より低い

 しかし、以下の図3に示すように、青色で示した青森県の登録率が、赤色で示した全国の登録率より低い現実は、その理由を含めて、直視する必要がある。
 
 特許はその特許出願の明細書や図面等の内容によって登録率が変わるのである。青森県の特許出願は品質があまり良くないということである。
 
 【図3】 

 平成28年度の特許出願チャレンジ講座では、
   (a)特許庁でどのような審査がされるのか、
   (b)特許出願の品質とは何か、
   (c)特許出願した内容が、特許庁における審査で、確実に特許査定され、登録率を高くするためには、どのような戦略に沿って、明細書等を作成すべきか
等を勉強する。
 
 特許出願チャレンジ講座は、青森県が、一般社団法人青森県発明協会に委託して毎年、開催しているが、講師はすべて弁理士鈴木壯兵衞が担当している。

 平成28年度は以下の2会場で開催予定である。

   弘前会場:第1-2回青森県立弘前高等技術専門校
        第3回以降ひろさきビジネス支援センター

   八戸会場;八戸工業大学
 

   辨理士・技術コンサルタント(工学博士 IEEE Life member)鈴木壯兵衞でした。
   そうべえ国際特許事務所ホームページ http://www.soh-vehe.jp

この記事を書いたプロ

そうべえ国際特許事務所 [ホームページ]

弁理士 鈴木壯兵衞

青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL:0172-55-5397

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
イメージ

中国習近平国家主席が山東省青島を中国の知財戦略の重要拠点として指名しましたが、 そうべえ国際特許事務所所長鈴木壯兵衞が、2015年12月19日付けで、3年間の期限で、...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

 
このプロの紹介記事
鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

技術者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第34回 「結露するから冷凍設備が止められない?」のでは、知恵が足らない
イメージ

2016年11月17日付け毎日新聞等の新聞各紙によれば、東京都水産物卸売業者協会が、延期に伴う1ヶ月の損害額が4億...

[ 発明の仕方 ]

第33回 白熱電球の発明は組み合わせイノベーションの典型例
イメージ

明治神宮外苑で開催されていた「東京デザインウィーク」のイベント会場で、2016年11月6日に男児が死亡するという痛...

[ 発明の仕方 ]

第32回 ドナルド・トランプと髙橋是清
イメージ

                MAKE AMERICA GREAT AGAIN 2016年の米国大統領選挙に勝利したドナルド・ト...

[ 特許制度の意味 ]

第31回 必要が発明の母なのか、発明が必要を生むのか
イメージ

2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典先生は、基礎研究の重要性を説かれている。基礎研究から発明が生...

[ 発明の仕方 ]

第30回 商標の歴史:室町時代に商標の使用差止請求訴訟があった
イメージ

一般には1857年のフランス商標法が世界最初といわれているが、我が国では既に室町時代に商標の使用差止請求の訴訟...

[ 知財マネジメント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ