鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

プロTOP:鈴木壯兵衞プロのご紹介

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(2/3)

鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

自らの経験を生かし技術者の気持ちがわかる弁理士に!

 鈴木さんの出身は静岡県です。地元の高校、大学経て、東北大学大学院へ。光通信の三要素すべてを開発した西澤潤一教授のもと、光と電波の境界の電磁波を発生させる研究や、大電力の送電に使う半導体装置など、大学院生時代から20年間にもわたり半導体の研究に携わってきました。

 「西澤教授の研究は、特許収入で運営してする大学から独立した財団法人を拠点とし、実は世界でも例をみない研究の運営手法でした。だから大学院生の頃から特許申請を徹底的に仕込まれました」

 弁理士になったのは、研究者の延長としてごく自然なこと。長きにわたり現場にいたからこそ、研究開発する技術者たちの気持ちがわかり、それは弁理士として最大の強みとなっています。「研究者や起業家は、命がけで研究を重ね、事業を展開しています。ならば発明を愛する弁理士も命がけで取り組むべきです。折角開発した技術も特許を取らずに放置すれば、研究者はやり切れない思いをします。だから私は、研究者を愛するがゆえに特許申請をすすめているのです。弁理士は知的財産を守って全力を尽くすことで日本の産業界全体を明るく照らし、社会に貢献できるものと考えます」ときっぱり。

 子どもの頃、お父さんが「ネギの種蒔機」の発明に夢中になっていたのを覚えているという鈴木さん。農林水産業を含め地域の特徴を生かした新しい産業を創出するため「青森には知的財産戦略が必要であり、私はその手助けがしたいのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 青森県で特許申請できる人を育て地場産業の発展に貢献したい

最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
名誉教授証書

2017年9月付けで所長鈴木壯兵衞に中華人民共和国・青島大学知的財産権学院(以下「知的財産権学部」という。)の名誉教授証書が授与されました。青島大学は、2017年の中...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

研究者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第45回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(米国編)
イメージ

 5月5日は子供の日である。 第41回~第44回では日本の小学生の特許を紹介したが、今回は米国の小学生の特...

[ 発明の仕方 ]

第44回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その4)
イメージ

 NHKが2016年11月14日にTV放送した「プロフェッショナル仕事の流儀」の中で「ゆるまないネジ(国際公開第2009/104...

[ 発明の仕方 ]

第43回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その3)
イメージ

 小学校の先生や、市町村等の教育委員会レベルにおいて、実用新案と特許の違いが理解されていない事例が多いこと...

[ 発明の仕方 ]

第42回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その2)
イメージ

 「デザイン」の語源をラテン語から読み解くと「de+signare」になり、「……から印を付ける」という意味になるらし...

[ 発明の仕方 ]

第41回 不常識を非まじめに考えた小学生の特許(その1)
イメージ

 何が特許になるかというと「不常識(=新しい常識)な発明」が特許になるということになろう。我が師西澤潤一東...

[ 発明の仕方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ