鈴木壯兵衞

すずきそうべえ

そうべえ国際特許事務所

[ 弘前市 ]

職種

プロTOP:鈴木壯兵衞プロのご紹介

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

青森市での使命を果たし、独立して弘前市に事務所を開設

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利となる。素晴らしい技術を創案したら特許を取り、みんなで仲良く使う。そうすれば、もっともっと青森県の産業を発展させることができると思うのです」

 そう話すのは、「そうべえ国際特許事務所」の弁理士、鈴木壯兵衞さん。元々、青森は日本でも特許出願率が全国最下位。そうした現状を踏まえて日本弁理士会は平成22年から、弁理士の少ない地域に費用を負担して特許事務所(会設事務所)を設置するという新たな地域支援スキームを創出しました。

 その地域支援スキームの最初の事務所として、平成22年1月に青森市に開設された「日本弁理士会会設青森事務所」の所属弁理士として活躍していた鈴木さんでしたが、平成26年10月で期間満了となり、青森市における5年間の使命を終えています。青森県の特許出願率は依然として低いものの、全国最下位の状態からは脱却しました。その後、鈴木さんは平成26年11月に青森市から弘前市富士見町に移転し、独立した事務所として新規開業を果たしました。

 鈴木さんは東京で1000件以上特許出願した実績を生かし、弁理士の少ない弘前市で自ら特許申請を行うのはもちろん、青森県における特許出願を積極的に支援。中小企業や若手経営者がもっとたくさん特許を出願できるよう、経費を抑えるため弁理士に依頼せず、発明者が自分で作成する特許明細書を特許庁の審査をパスできるレベルまで添削してあげるなど、素人にもわかる出願方法を惜しみなく伝え、丁寧に指導しているのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 自らの経験を生かし技術者の気持ちがわかる弁理士に!

最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
イメージ

中国習近平国家主席が山東省青島を中国の知財戦略の重要拠点として指名しましたが、 そうべえ国際特許事務所所長鈴木壯兵衞が、2015年12月19日付けで、3年間の期限で、...

料金案内

1.電話相談やeメール相談は無料です。面談(フェイス・トゥ・フェイスのご相談)につきましては、1時間以内は無料です。2回目以降、何度でも、1時間以内であれば無料で...

鈴木壯兵衞プロに相談してみよう!

青森放送 マイベストプロ

技術者としての経験を生かし、発明の創出方法と特許出願方法を

事務所名 : そうべえ国際特許事務所
住所 : 青森県弘前市富士見町26-2 [地図]
TEL : 0172-55-5397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0172-55-5397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第34回 「結露するから冷凍設備が止められない?」のでは、知恵が足らない
イメージ

2016年11月17日付け毎日新聞等の新聞各紙によれば、東京都水産物卸売業者協会が、延期に伴う1ヶ月の損害額が4億...

[ 発明の仕方 ]

第33回 白熱電球の発明は組み合わせイノベーションの典型例
イメージ

明治神宮外苑で開催されていた「東京デザインウィーク」のイベント会場で、2016年11月6日に男児が死亡するという痛...

[ 発明の仕方 ]

第32回 ドナルド・トランプと髙橋是清
イメージ

                MAKE AMERICA GREAT AGAIN 2016年の米国大統領選挙に勝利したドナルド・ト...

[ 特許制度の意味 ]

第31回 必要が発明の母なのか、発明が必要を生むのか
イメージ

2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典先生は、基礎研究の重要性を説かれている。基礎研究から発明が生...

[ 発明の仕方 ]

第30回 商標の歴史:室町時代に商標の使用差止請求訴訟があった
イメージ

一般には1857年のフランス商標法が世界最初といわれているが、我が国では既に室町時代に商標の使用差止請求の訴訟...

[ 知財マネジメント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ